CASIO vs FUJI 【第2戦】

続きです。





デジカメ第2戦目です。



本日の被写体は、「陶器の置物」対決です!






先日同様、1枚目がCASIO。 2枚目がFUJIFILMです。





ではでは、  どぞ!












↓CASIO

↓FUJI
S9100.jpg

若干、CASIOの方の被写体がふっくら写ってる???

現物を確実に画として表せているのはFUJIかな・・・

それに背景のボケ方もやはりFUJIの方がイイですね!

(ムムムッ)














そこで!














CASIOには、こんな機能があったのでちょっとご紹介♪












背景ボカシ

背景ボカシ機能!

あはは。 なにもソコまでしなくても・・・(汗)

でも、ボケてますよね! かなり強引な気もしますが。。。

被写体が被写体だけにちょっと解りづらいですが、近々、屋外で試したいと思います!














その他にも色んな撮影機能があったので併せて紹介しますね♪











↓HDRアート
HDRアート

↓トイカメラ
トイカメラ

↓フィッシュアイ
フィッシュアイ

↓ポップ
ポップ

↓ライトトーン
ライトトーン




なかなか面白いですね!
(まぁ、普通に撮って、PCで加工することも出来ますけどね。。。)



この他にも、スライドパノラマ撮影やワイドショット撮影などもあり、遊び心満載のコンデジでしたよ(w)







次回のソロキャン・・・   どっちのデジカメを持って行こうかな?





(おしまい)




応援よろしく!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

コメントの投稿

非公開コメント

被写界深度

tomatoshipさん、こんばんは

被写界深度ナンチャラカンチャラって一眼レフのカメラでやっていたのはもう随分以前の話し。
その時だって写真屋さんが「これ、ネガの段階でピンボケだったからプリントしなかったよ。」だって。こっちは意図して写した写真だったのに・・・。もう二度とそんな凝ったことはしませんでした。

tomatoshipさん、どっちのカメラにしようかと悩む過程も楽しいんだよね。

コンデジで背景ぼかし機能搭載は、
カシオらしいセオリーのように感じますね!
CMはキャノンのコンデジですが、
この背景ぼかし機能が欲しい。(笑)(^_^;)

次のソロキャンは2台持参するしかないでしょう!
荷物がまた重くなりますね~(笑)

同感

ヤマモトさん こんにちは。

> 「これ、ネガの段階でピンボケだったからプリントしなかったよ。」

ありましたねーっ  写真屋さんの判断が優先される時代が! (懐かしいですw)
私の身近な知人の話ですが、写真の一枚に心○写真が写ってあるものが現像され、写真屋さんが「これは渡さない方がいいだろう・・・」と知人に渡さなかった・・・って云う昔話を思い出しました。
後日、あの場面(心○写真)の写真が無いじゃないか!って、クレームを言うと渋々その写真を見せてくれたらしいです。(キャァーーー!!! 怖っ)
↑こう云った場合は、写真屋さんの判断優先で、okなんですけどね(汗)


> tomatoshipさん、どっちのカメラにしようかと悩む過程も楽しいんだよね。

あはっ、 バレました?

水?or2カメラ?

CMさん こんにちは。

キャノンは良いですよね!
本来なら、キャノンの「PowerShot G1 X」が欲しかったんです。。。(泣)
でも、仕事用のデジカメの調子が悪くなるもんですから、急遽購入せざるを得なくなってしまって・・・

「背景ぼかし」機能、ちょっと良いでしょ♪
写真通の人からすれば、「オイオイ」的な画像でしょうが、お手軽にそれなりの画が写せるのは、魅力的です(w)
実際、外でどれだけ表現できるのか試して見たいですね。

> 次のソロキャンは2台持参するしかないでしょう!

やはり、そう思いますか?
重量を考えると、「水」を諦めて現地調達でもしましょうか!(爆)
プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。