ビックリ研修会(その4)

続きです。





おば様に刺激され、ここから先は写真撮影会!

それにしても、ご老人達は皆一眼レフだ・・・(ホジイ)















で、私が撮った会心の一枚が~~~
















CIMG4131_20131125121932f08.jpg

コレ!




・・・東洋のマチュピチュに背を向けての掟破りな一枚。





天空の城をイメージしたこのアングル・・・





どう?    ガッカリした???












建物がデカ過ぎて納まりきらないんですって!

気を取り直して、別の風景でも撮ろっか・・・













CIMG4203.jpg

立駐の車路のような道路を超えて紅葉スポットへ・・・















ココからは風景写真です。。。

CIMG4223_20131125121934814.jpg

迫り来る岩石


CIMG4231_20131125121936f48.jpg

紅葉と滝


CIMG4238.jpg

青石と紅葉


CIMG4249.jpg

清流と小滝


CIMG4281.jpg

イロハモミジの紅葉


CIMG4295.jpg

針葉樹林vs広葉樹林















で、一番お気に入りの写真が~~~















CIMG4258.jpg

コレ!!!

人工構築物と紅葉の融合。

分かる人には分かる・・・ 会心の一枚。 (とでも言わなければこのネタが終われない









非常に楽しい研修会(?)でした。

また、お願いしまーす!




(おしまい)




応援よろしく!

コメントの投稿

非公開コメント

東洋のマチュピチュ

tomatoshipさん、こんばんは

私は東洋のマチュピチュといえば兵庫県の竹田城だと思っていましたが、然様に非ず、竹田城は山頂に築かれた城であり、愛媛県のそれこそが、鉱山があり、学校があり、人々の営みがあった、まさに空中都市と言われるのにふさわしいところだと知りました。
両方の違い、薀蓄ぶって人に話しちゃおうっと。

なかなか撮影センスがいいですね~!
それに、なんたってロケーションがいいので
絵になるし、こんな所へ行けるのが
羨ましいですよ~

次回は竹田城

ヤマモトさん こんにちは。

説明不足のネタに対し、分かりやすい補足コメントありがとうございます!(w)
採鉱全盛期の頃は、平地(海辺付近)に住む人の人数より、鉱山に住む人数の方が多かったようです。
やはり、「お金」がある所に「人」が集まる・・・ ですかね。
その後時代は流れ、外国から安く銅が手に入るようになってからは、どんどん需要が無くなり・・・ついには閉鉱。
山頂付近に築いた集落は、そのまま住み続けることも出来たのですが、真冬の寒さに耐えかねてこの地を去って行ったそうです。(確かに寒い)
「東洋のマチュピチュ」・・・あまり世間(全国)では知られていないようですが、なかなか良い所でしたよ!
有名になって混雑する前に一度行かれてみては?
次は、客足が一段落したら「竹田城」へ行きたいですね♪

知らない四国

CMさん こんにちは。

> なかなか撮影センスがいいですね~!

スミマセン、、、 なんか無理やり言わせたようで。。。(汗)

四国に住んでいると、本州や九州に住んで居られる方が羨ましいです。
コチラで住んでいると、何処へ行くにしても「橋」を渡らないといけないので、懐事情が・・・トホホ。
だけど、この観光地を知ると、まだまだ自分の知らない四国があるんだなぁ~って、感動しました!
プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。