暗渠排水

最近、ソロキャンのネタばかりで、このBLOGは一体???


的な状態になりつつあるので、この辺で一旦DIYネタでも噛まそうかと思います。







と言っても、最近DIYしてないし・・・







そこで思い出したのが、いつしかの・・・  ある人のコメント!
(スミマセヌ。オソクナリマシタ





『暗渠排水』に関する質問でした。












処理済~an_13

そこで、私が以前した暗渠排水を自作したネタでもUPしようかと思います。
(その時の写真データーが殆ど残っていないので分かり難いかも知れませんが)


↑写真は、暗渠排水を自作した際に流出した土量です。

正直、膨大な量が出ますので覚悟して置いてくださいね!

そして、いつも朝から夕暮れまでの作業となります(爆)













an_5.jpg

掘った深さは、一番深い所で30cmくらい。
(本当ならもっと掘った方がイイかも)

まぁー、スコップでエッちらオッちら一人で掘ってたら丸一日掛かりましたよ(泣)














an_3.jpg

しかもこの時、埋め戻して完成したはずの暗渠排水が、余りにも排水効率が悪かったので、もう一回根切り直すというアクシデント発生!!!





・・・この時から、手直し率の高いDIYをやってたのね。。。












an_6.jpg

掘り起こした配管を切ったっけなー(あー、切り難かった!懐かしーっ)

あっ、配管にドリルで穴あけして雨水を取り入れるようにしてあるの・・・ 分かります?



この時の失敗は主に、、、




①配管上に敷き詰める砂利量が少な過ぎた
 (時間と共に目詰まりした)


②配管に開けたドリル径が小さ過ぎた
 (大雨の場合、排水効率が悪い)



の2点でしょう。(たぶん)














P1160760.jpg

失敗を糧にして、再自作!












処理済~P1160761

余計な配管の曲がりも無くして・・・
















P1160763.jpg

シンプルにため桝に接続!

あっ、ちなみにこの接続したため桝も自作で設置しました(w)














さー、どうなる? 自作暗渠!

また明日ね
 



応援よろしく!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

コメントの投稿

非公開コメント

おお、暗渠排水の記事だ!これはすごく参考になります!
現在、設置してあったビオを一回撤去して、再度設置作業中です。
ついでに排水のことも考えてみようと庭を深く掘り返してみたら、しつこい粘土質やら瓦礫やらあげくには空き缶が…。
そりゃ水はけも悪くなるなぁと頭悩ませてます(笑)

土木作業

tomatoshipさん、こんばんは

庭を掘って土を盛ってある写真はもう陽がとっぷりと暮れていますね。手掘りって結構大変な作業だったこと思います。

このお庭はいつもの写真では緑いっぱいの芝生ですよね。手間は取りますが、tomatoshipさんにとってはそれも楽しい作業でしょう。

遅くなりました。。。

メイさん こんにちは。

スミマセン。。。 本当に遅くなりました(汗)
ネタ切れに合わせるかの如く、暗渠ネタをupした事、深くお詫び申し上げますv-435

久し振りに撮り溜めた写真を振り返ってみると・・・
やっぱり、自作暗渠の写真が少ない。。。
と言うか、一度PCが壊れて写真データーの殆どが吹っ飛んじゃって、あまり残ってないんです。。。
なので、参考になるかどうかわかりませんが、出来る限り「文章」で詳しく説明したいと思ってます!
お楽しみに♪

回想ネタ

ヤマモトさん こんにちは。

回想ネタでスミマセン・・・
自作暗渠を思い出すと凄く懐かしいです。(かれこれ4年前?)
近所の人達からは、「このご主人、人でも埋めてるんじゃない?」的な眼差しで観られてたのがとても印象的でした(爆)
なにぶん、写真データーが残ってないので、飛び飛びの編集になりますが、暖かい目で観てやって下さい(w)
プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。