子供用ピアノ補助台を造ってみる

今週のDIYのお題は~~~



『子供用ピアノ補助台』


(今週の・・・  って、毎週1作品は出来ないけど。。。)



と言うのも、娘(小2)がピアノを習い始めたのですが、まだまだ背が低いので、椅子に座ると足がブラ~ン、ブラン!

それはそれで、仕方ないのかと思いきや、足の踏ん張りがピアノには必要なのだとか

娘に懇願されると、 どーも弱い私。

早速、イメージを膨らませていると、横から鬼嫁登場!  (いや、夜叉嫁だったか?)



嫁)「高さが変えれるようにしてね♪ 子供の成長は早いんだから❤」





・・・・・・・ヤシャヨメヨ、ヨケイナコトヲ。










気を取り直して早速、HCで材料を購入!

全部で、500円でお釣りがくる材料費。

屋内で作るDIYは安価でイイですね






CIMG0804.jpg

材料を所定の長さに切ります。(ノコスラサイコー♪)

今回は、200mmで脚を造ります!






CIMG0805.jpg

ボルト位置となる部分にドリルで、下穴を開けます。






CIMG0806.jpg

下穴を利用して、平ベタドリルで木材の途中まで穴を開けます。

この深さは、最後にボルト止めするので、「ワッシャー、スプリングワッシャー、ナット」などの高さを考慮して木材の表面に出ないように調節します・・・

ココでの注意点は、写真の部材(2組)は、表裏で穴の位置が異なります!

写真上部の部材が「表」とすると、写真下部の部材は裏になります。(←ここ大事)

と、こんな感じの部材を4個作ります。







CIMG0807.jpg

次にこの部材。

こちらは片側だけからの穴開けで、これも同じく4個作成。






CIMG0808.jpg

ボルトの径よりチョイ大きめの穴をセンターに開けます。

今回は、ボルトの径がM6を使用するので、8mmのドリルで穴を開けました。

このゆとりが、後の最終調整する時に有効なんですね!(←ココ、苦労しました



あと、この時点で部材の角を面取りしておきます。


この角度いいのか? この面取り幅でいいのか?


さぁ~~~ぱり、分かりませんが・・・   今のうちにしておいた方が良さそうなので、切り落としました。(DIYerの勘ですな。カッケェー)

なぁ~~~にか、順調に事が進んでいるように見えます?




フッフッフッ   それには訳が。。。




・・・その話は、最終日にでも。

(つづく)




にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

↑ランキングに参加しています。応援よろしくお願いしま~す!! 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ピアノ補助台!次から次とDIY頑張られますね~
その事に先ず感心させられました!

ストレス解消法

CMさん こんにちわ。

本当に、自分でも呆れるくらいです(w)
でも、これも私なりのストレス解消法なんですよ!
DIYしている時は、仕事とは違う脳を使っていると言うか・・・、結構楽しいです♪
それに、その時のネタを楽しみにして見てくださる方がいるってことは、ホント幸せなことです!
プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。