自作軒樋の排水テスト

続きです。







軒樋を設置する為の金物をチャンネル材にボンドとビスで取り付けました。

このZ状の材料もHCで物色中に発見した金物です。・・・もう創作DIYですね(汗)






CIMG9226.jpg

次に、小口面をアルミ製のFBで塞ぎ、軒樋っぽく造ってみました。

ボンドが「グジュ」って、はみ出してますがご心配なく!

このボンド、一旦乾いてしまうと、ゴムのような弾力を持つため、後でカッターなんかで削れば綺麗になるんですよ♪






CIMG9245.jpg

数時間乾かした後、いよいよ排水テストです!

ジョロジョロ~~~っと、ジョウロでジョロジョロ~~~ですわ。 (うわぁ・・・)






CIMG9242_20120801115806.jpg

ムムムっ、やはりアルミパイプが立ち上がっている分、排水効果は低いようです。

もう少しで、オーバーフローしそうです。

まぁー使用場所が、ジャージャーと雨が降り注ぐ場所じゃーないので・・・、良しとするか






CIMG9243.jpg

現に、ちゃんと排水されてるし・・・

オーバーフローもしてない。。。






CIMG9246.jpg

ほれっ! 
(ローアングルからは必要なかろう


(つづく)




にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

↑ランキングに参加しています。応援よろしくお願いしま~す!!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わぁ~ もうかなり進んでましたね~
(ブログの進行ペースが・・・(笑))
ちゃんと排水チェックまでされているのも丁寧ですね!

先日の電蝕の件ですが、アルミと銅が直接接触する部分を
塗装するか接着剤かテープぐらいで
直接接触しないようにする程度で電蝕は防げると思いますよ。

電蝕防止

CMさん こんにちわ。

電蝕の件、ありがとうございます!
見栄えだけで、事を進める悪い癖が、また出ちゃいましたね(汗)
ご指摘を受けた時には、既に7割方仕上がっていたので、正直焦りました・・・(w)
接続部分は、金属用の接着剤で固定していましたので、何とか持って欲しいです(願)
これから接続する箇所については、塗装&接着剤で対応しようと思います!
プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。