トロ舟ビオトープ【オーバーフローを考える】

続きです。

と、その前に・・・


先日、仕事仲間から私のブログを見て、「ビオトープって・・・何?」って言われちゃいましたので、少しばかり説明しておきます。(汗)



ビオトープとは、生き物がありのままの自然条件で生息する生息空間のことを意味します。

簡単に言えば、近くにある川や池や沼地などのことです。

それを、家庭の庭に作っちゃおぉー! って事です。(分かって貰えたかな?)



話を戻します。







そのビオトープの外枠となるのが、このトロ舟!

通常は、セメントを練る時に使用するものなんですが、非常に頑丈でそう簡単には割れそうに無いので、即行採用です(w)
(※本当は、「ひょうたん池」を使いたかったのですが、金銭的に高額なので断念しました。)

このまま使用すると、大雨が降ったりすると直ぐにオーバーフローしてしまう。。。

この時、メダカも一緒に流れちゃうんですよね。





CIMG7890.jpg

なので、オーバーフロー管を設置するべく、穴開けました!





CIMG7891.jpg

配管ソケットのオスとメスの両方にパッキンを噛まして~~~





CIMG7897.jpg

取り付けます! 

水漏れしないようにキツぅーーーく閉めます。




CIMG7900.jpg

給水用の塩ビ管φ13(←廃材です)をトロ舟の最上端から、1cm下がりの所まで立ち上がるようにして切断







CIMG7901.jpg

塩ビ管をボンド止めすれば、オーバーフロー管の出来上がり♪

簡単ですね!

これで、水漏れしなければ文句無しです。


(つづく) 




にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

↑ランキングに参加しています。応援よろしくお願いしま~す!! 



コメントの投稿

非公開コメント

トロ舟ビオトープ

作業進んでますね~
ドレン管かな?と思ったのですが、
オーバ-フロー管だったのですね!
という事は・・・ 
雨水利用になるのかなぁ~?

ただのオーバーフロー管

CMさん こんにちわ。
 
> 雨水利用になるのかなぁ~?

屋外の青空天井に設置しようと思っているので、雨水利用と言えばそう言う事になるのですが、突然の大雨とか、長雨などによる増水を考えてのオーバーフロー管です。
なので、雨水を溜める・・・って訳では無いですよ~

そう言えば、雨水タンクも作りたかったんだよなぁ~(イカンイカン。浮気はイカン)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。