スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコールバーナー

そろそろ、年末ですね。


もうそろそろ、行きたいですね!        ソロキャン。。。 (まだ言ってる)



そこで、ちょっと気になる事が一つ。




最近の気温です。 (寒さで、キャンプに行く気が失せてる訳じゃ無いですよ




ガスですよ! ガス!




この間の海釣りラーツーの時です。




気温が下るとガスコンロの燃焼に問題が生じることが判明・・・




外気温が下る冬場にカセットコンロは、ちとキビシイか?












そこで、頼れるパートナー探しを・・・













アルコールストーブ

見つけました!

トランギアの アルコールバーナー





外気温に関係なく、安定した燃焼をしてくれる優れもの♪

ガスコンロのように音がうるさくないしね!

弱点は、風くらいなものかな?









よーし! 早速、ポチっと行くか!? と思い、AMAZONへ行くも・・・














たっ!  高っ!!!












オイオイ、たかがカンカンの入れ物如きにそりゃねぇーぜ















悩んだ挙句、自作することにしました!

ちょちょいと検索すれば、先人の方々が自作されたアルコールバーナーがウジャウジャ❤

「いかに安く」が売りの当該Blog・・・

やるっきゃないでしょ!(w)


(つづく)




応援よろしく!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王
スポンサーサイト

アルコールバーナー

続きです。




アルコールバーナーを自作します。

しかも、通常捨ててしまうであろう「缶ビール」の空き缶で!





「先人達のアルコールバーナーを超えよ!」 的な多くのご意見を頂きましたが・・・

先ずは、サル真似から入りたいと思います(汗)
↑と、いうか、どんなメカニズムで燃焼するか良く分かっていない私なので、マネから入らなければムリ。。。(滝汗)















イキナリですが、缶ビールを真っ二つに切りました。

もちろんカッターで!

写真が無いので判り難いかも知れませんが、説明します。



やり方はこう!

1.ぶ厚い本にカッターの刃を挟んで、刃に押し当てるように缶ビールをクルクル回す。

2.カッターの刃が、貫通するか否かぐらいで止め、指で缶ビールの腹を押す。

3.(2)の作業で、一部貫通した場所があれば、ゆっくり貫通場所を指で押しながら切り広げて行く。
(※貫通するところがなければ、(1)に戻る)


ここで、重要なのは、カッターで全てを切り取ろうとしないことですね。(切断面が汚くなります)















CIMG4345.jpg

空き缶2つを使って、同じように切断しました。

高さは、ちょっとだけ異なるようにしておきます。
(この時点では、ナンデ?と思っていましたが、子の差は収まりの問題でしょうね)

右側が下皿、左側が上皿。















CIMG4347.jpg

次にバーナーの火口部分を造ります。

CADで適当な円を描き~~~















CIMG4350.jpg

カットします!















CIMG4349.jpg

あっ、コレ100均ね♪

便利です、、、ダイソー!















CIMG4351.jpg

缶の底にセットします。

スポッ!と入ると、なんか感動・・・













CIMG4354.jpg

放射線状に伸びた線の延長上にマジックで印しを付けます。



いやぁ~~~、なんか楽しっ❤



このまま、一気にネタを進めたいのですが、、、    お約束の~~~














また明日



(つづく)





応援よろしく!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

アルコールバーナー【穴開け加工編】

続きです。








上蓋側となるビール缶に燃焼口(炎口?)を開けます。

この開口の大きさで、燃焼率が変わるようで、大きく開ければ燃焼率UPするらしい(燃料消費もUP

まぁー、当たり前か。。。

よくわからないので見た目重視で、半径3cmの円で開けることにしました。















CIMG4357.jpg

50周位、グリングリン回すも一向に開きぁーせん

空き缶の側面と違い、底面は硬いのよ・・・
(イヤイヤ、これ紙切る道具ですから














CIMG4358.jpg

ならば!と、 内側からも グリン! グリン!
(イヤイヤ、これ紙切る道具だってば!











CIMG4359.jpg

パッカァーーーーン

ゼィゼィゼィ・・・



結局、カッターのみでくり貫くことはできず、傷つけたカッター線の一箇所にドリルで穴開けして、指圧でくり貫きましたよ。















CIMG4361.jpg

あと、ジェット孔はドリルで・・・

1.0mmで、開けたかったのですが、我が家には1.5mmの刃しか無かったので、これでガマン!
(ってか、0.5mmの差ってどう影響すんの?)















CIMG4363.jpg

で、 上蓋完成





完成まであと、もう少し・・・





ドキドキです。






(つづく)




応援よろしく!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

アルコールバーナー【組立~完成編】

続きです。







続いて、中筒を作りたいと思います。

材料は、ビール缶の中央部分を使用します。

ハサミで、チョキチョキ・・・

金切りバサミなんて、使いません。 オール紙切りハサミ使用です















CIMG4367.jpg

上蓋高さよりちょっと大きめで、円筒状の形でアルミテープ止めします。

アルミテープも100均で売ってます♪(便利だ~DAISO!)

あと、円筒の底辺部に三角形の燃料流入口を3ヶ所施すのをお忘れなく!
















CIMG4368.jpg

さて、最後の加工工程です。

バーナーの受け皿になる方のビール缶をラジオペンチでクイックイっと捻っていきます。

この作業は、上蓋が嵌め易くする為に必要なんですね♪
(余りやり過ぎると、上蓋を被せた時にスカスカになるので注意です)













CIMG4369.jpg

こんな感じ!















CIMG4372.jpg

あとは、組立るだけ・・・

下蓋のくぼみに合わせるように円筒をセットし~















CIMG4373.jpg

上蓋を被せれば~~~















CIMG4374.jpg

でけたぁーーーーっ!!!













造りも、見栄えも、諸先輩方のバーナーと瓜二つ❤
(真似してるんだから当たり前か














さぁー、ちゃんと燃焼してくれるのか?

問題はココだね・・・

明日は、燃焼検証だぁーっ









(つづく)




応援よろしく!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

自作バーナー【燃焼テスト編】

続きです。







燃料を買ってきました。

ケンエー燃料用アルコール:500ml

ネットでも買えますが、お近くのドラッグストアでも売ってますよん❤













CIMG5020.jpg

それと、↑コレも

もちろん100均ね!

もちろん 如何わしい 事には使いませんよっ!!















CIMG5021.jpg

チューって吸って~~~















CIMG5022.jpg

自作バーナーへIN

燃料は5ml・・・  





さて、何分ぐらい燃焼するのか?


イヤイヤ・・・、  その前にちゃんと燃焼してくれるのか???


ドキドキの燃焼テストは~~~















動画でどうぞ!



















(おしまい)




応援よろしく!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王
プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。