スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室外機カバーをDIY

まだまだ、暑い日が続きますが、皆さんはお変わりないでしょうか?(←ダレ?)



今日は、久し振りにDIYネタをいってみよぉー


今回のDIYは、 『室外機カバー』


以前にも造った事があるのですが、今回は、2階のベランダに置いてある室外機用に着手。








材料は、杉板!

以前は、赤松材を使ったのですが、まぁー後から後から、もののけのようなヤニが出てきて、苦心して塗った塗装がブジュジュ、のジュ・・・ってな感じに (どんな感じだっ




やはり、ケチるとダメですね。。。 屋外は








CIMG0409.jpg

早速、丸ノコスライダーを使って切断!

もぉ~~~  サイコーーーー❤



何だったんだ? あの手ノコでの手間と疲労感は・・・ (1本切る毎に息切れしてたナ・・・)







CIMG0410.jpg

ものの数分で、全部切れちった

恐るべし、丸ノコスライダー♪ (イヤ、丸ノコダロ?)







CIMG0411.jpg

そして、チャッチャッと2回塗装!






CIMG0413.jpg

ここで、私の塗り方をちょっとご紹介!

1度塗った後しばらく乾かして、再度塗装の基本2回塗です。

ここで、またしばらく乾かします。(日陰でね

すると、写真でも分かるように塗装を吸い込んだ部分とそうでない部分(特に木目は吸い込み難い)があるのが分かりますか?

コレを放置して乾かしてしまうと、このテカテカがずぅ~~~と残り続けて、




チョーカッコ悪い





この乾ききらない時間帯で、雑巾で拭き取ってやれば~~~








CIMG0414.jpg

チョー キモチイィイイィィーーーーッ




綺麗な木目が現れます!!!

焼杉みたいでキレイでしょ♪

やっぱ、パリサンダはサイコーだぁー!




・・・以上、塗装工房からの実況でした。。。



(つづく)




にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

↑ランキングに参加しています。応援よろしくお願いしま~す!! 
スポンサーサイト

室外機カバーを組み立てる

続きです。






今日は、組立&設置です。

組立てと言っても、室外機カバーですから・・・   簡単です。。。

↑のような骨組みを2組造り~~~









CIMG0684.jpg

現場合わせ的に組み上げる! (あー簡単♪)








CIMG0686.jpg

天板の間隔は、4mmベニヤ板を挟んでビス止め。

いやぁ~、木目が綺麗ですね~❤








CIMG0691.jpg

最後に、ちょっと一工夫。

耐震ゴム?衝撃緩和ゴム? らしきスジが入ったゴムをHCで見つけたので、ついでに購入!

一枚をカッターで4分割に切断!








CIMG0692.jpg

これを、各柱の下に敷いてやれば、ちょっとは水に触れる面積が減るかなぁ~ ・・・なんて

これで少しでも耐久性が上がってくれれば万々歳です!







CIMG0694.jpg

でっ、完成!!    早っ。



本当なら、この室外機カバーに可動式のルーバーをつけて、ファンから出た排気風を上部方向へ抜きたかったのですが、これ以上ベランダが狭くなるのは困るとの、鶴の一声(ダレ? ヨメ?)で断念しました。

狭いベランダなので、良かれと思ったんですがね・・・

残念です。


(おしまい)




にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

↑ランキングに参加しています。応援よろしくお願いしま~す!!




室外機カバーの修復【その1】

何年か前に作った室外機カバー・・・





傷んできました。。。










CIMG1881.jpg

そりゃー傷むわな・・・  木なんだから。

年1回でも塗装してりゃ、もっと耐久性も上がったんでしょうけど、、、

「外壁を養生して~~~、 塗装して~~~」

て、考えてると、面倒くさくなって今まで放置プレイ。。。










CIMG1882.jpg

この際です。   修復しましょう!










CIMG1884.jpg

バリバリとビスを外すと~~~










CIMG1885_2015073112104961d.jpg

サッビサビのビスだらけ・・・










CIMG1886_2015073112104882a.jpg

L型金物も、サッビサビ。

やっぱ、雨が当る所に鉄は厳禁ですな。。。









CIMG1887.jpg

室外機カバーを全部外しました。

さて、どーしよ!?

今度は、耐久性重視で考えたい!! (だけどお金ない




・・・んー、 どーすっかな?





(つづく)




応援ポチよろしくね!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

室外機カバーの修復【その2】

続きです。





汚れた室外機の骨格を洗います。










CIMG1890.jpg

もちろん、干します。










CIMG1891.jpg

乾いて作業が出来るようになるのは、必然的に明朝・・・。










CIMG1892.jpg

かなり骨格がくたびれて変形してきていたので、CB基礎に固定したいと思います。

CB基礎に穴開けます!










CIMG1894.jpg

「コンクリートプラグ」と呼ばれるビスを使います。










CIMG1896.jpg

開けた穴に~~~










CIMG1897.jpg

イン!










CIMG1898.jpg

あとは、L型金物を使ってビス止め!
(写真撮ってませんけど・・・)










CIMG1899.jpg

骨格は、そのまま使いました!(お金ないので)










CIMG1900.jpg

久し振りにお見かけしましたね~ 結露水貯蔵タンク君♪

この方が、結露水の溜まり具合が良く分かっていいね!


さて、お次は~~~   屋根、  だな。





(つづく)




応援ポチよろしくね!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

室外機カバーの修復【その3】

続きです。





室外機カバーの  「屋根」  作りましょうか!

従前の室外機カバーの残骸を使います。

写真のように取り付けます。










CIMG1903.jpg

屋根と言えば、やっぱりコレ!

「(誤)ガラス繊維強化ポリ板」 → 「(正)ポリカーボネート板」

駐輪場を造った時の余りです。。。 (ストックしてて良かった❤)










CIMG1904.jpg

室外機の周りは、結構歩き回るのでバリは丁寧に取っておきましょう!










CIMG1907.jpg

自作ジグを使って下穴開け~~~ (超便利です♪)










CIMG1908.jpg

波板用の釘が無かったのでHCから購入。

これが唯一の出費!(250円くらいだったか?)










CIMG1910.jpg

屋根取り付け終了!

室外機周りを歩いてみると・・・










CIMG1912.jpg

屋根の角部分がちょっと気になったので、丸くカットしました!(怪我したく無いですからね










CIMG1913.jpg

完成しました!

屋根が、(誤)「ガラス繊維強化ポリ板」 「ポリカーボネート板」(正)になったことで、半永久的に朽ち果てることは無いでしょう(w)

見た目もスッキリして、嫁さんの評価も概ね良好です!(爆)

この波板、結構使えるなぁ~

次、何に使おうかな?



(おしまい)




応援ポチよろしくね!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王
プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。