スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝を張るぞ!

裏庭のピンコロ石をどーするか・・・。

迷う・・・・(マジで)


アイデア浮かばない。

こんな時は、HCでも行ってヒラメキでも待ちますか!!


そこで、こんなものを購入しちゃいました!!!(オイオイ)




芝生どえぇーーす♪

正直、3年越しです・・・。


芝生が新入荷していて、安くはなかったんですが、生きが良かったもんですから・・・つい。
(ほとんど衝動買いですな)


もちろん、下準備もなにもしてないもんですから、直ぐに張り付け出来る訳も無く・・・



P1190007_20100502205725.jpg

ブルーシートで日焼け防止です。

いけませんねぇ~ ・・・衝動買いは 



スポンサーサイト

芝を張るぞ!(その2)

芝生を買ったのはいいけれど・・・


下地の準備が出来てねぇーーーー(!!!)




早速、硬くなった地面を掘り起こしました。(汗)

コレが結構・・・いや真面目にキツイ。。。

3年間放置していた地面は、カチコチです。


P1190011.jpg

約半日経過した時点で、娘の協力を仰ぎ・・・


P1190013.jpg

最後は、頼りになる相棒に!! 



P1190014.jpg

娘には、↑の目土となる土を作って貰いました。
※買うと高いですから・・・


芝張りって、大変ですね。。。(本音)


芝を張るぞ!(その3)

続きです。


娘の協力を得て、ここまで来たのですが、どーにもこーにも作業が進みません。

そこで・・・




嫁さんの登場です!!(珍しい・・・)

掘っては止めと無く出てくる小石、大石を拾ってもらいました。


嫁)「30分だけだからね


私)「はっ、ハイ。  ご迷惑をお掛けします



これくらいの作業なら、下の娘にも出来るかな?


P1190016.jpg

むっ、無理みたいですね・・・。(なんで裸足なの??)


P1190018.jpg

全ての地盤を掘り起こしました。

しんどいです・・・。(マジで)

暗渠排水した時の根切りなんて目じゃないくらいツライ。。。

※私のDIY至上最強です・・・(マジで×2)


P1190020.jpg

苦土石灰を撒きます。

酸性化した土壌を中和するために撒きます。


P1190021.jpg

次にバーク堆肥を撒きました。(申し訳なさ程度ですが・・・気持ちですキモチ)


P1190022.jpg

再び耕します。

もう、身体は限界です。

誰かに代わって貰いたいけど、時間制の嫁はもういません 


P1190023.jpg

でも根性で土を混ぜましたよ! 


P1190024.jpg

最後にトンボで軽~くならしてから本日終了としました。


もう身体のあちこちがバキンッバキンッ!!

手にマメは出来るわ、花粉症は悪化するわ・・・最悪です。


芝張りは、DIYの中で一番ツライような気が・・・。(土工事がツライのかも)


とりあえず、フカフカの土壌が出来たことが何よりです。


あぁ~~、疲れた。 (はよ寝よっ)




芝を張るぞ!(その4)

続きです。


下地準備が整いました。

掘り起こせば、↓こーんな石から・・・






P1190091.jpg

↑こーんな粘土質の塊まで・・・


下地準備では、「小石を取り除く」ってどこぞのHPで観たんだけど、どこまで取り除いたらいいの??

よーするに、水はけが良ければいいんでしょ?(←いい加減になってきた)


でも気付けば・・・


P1190092.jpg

こーーーな砂利まで採っていました。。。(ふるいにかけて)



でっ、採れた砂利~小石は、、、


P1190093.jpg

この通り! 全部で8袋だぁ!! 
(袋の中身は肥料じゃないですよ・・・)


とにかくDIYをする時の、土工事は重要項目ですからね


お芝ちゃん、枯れるんじゃないぞぉー


P1190007.jpg

一応、ブルーシートでも被っとく?



芝を張るぞ!(その5)

続きです。


いよいよ芝張り開始です。(この時点で、もうヘロヘロです)




本来なら、水糸を張って、芝があっち向いたりこっちに傾いたりしないようにするのでしょうが、私は自分の感覚を信じて、芝を張っていきました。(疲れていて、そんな余裕が無かっただけです)

※多少曲がっても、最後には1面芝になるんですから・・・



P1190070.jpg

この時の芝の張り方ですが、私は「目地張り(限りなくべた張りに近い)」と呼ばれる敷き詰め方をチョイスしましたよ!

なぜかというと、利点は2つ。

利点の1つ目は、庭全体が早く完成する。(べた張り程ではないが・・・)

利点の2つ目は、経費が少なくて済む。
(芝生の量は、市松張りより多くなりますが、何といっても目土の量が少なくて済みます。この目土が結構高いのよね。。。)

芝の間隔は、芝同士の葉が触れるか触れないか位(約1cm)にしました。


P1190067.jpg

ドンドン張っていきますよぉ~。 そ~れぇ



P1190068.jpg

そ~~~れぇ

今日、張れるのはココまでか・・・(日が落ちてきた 



P1190072.jpg

芝が乾かないように、隙間に目土を入れていきます。



P1190073.jpg

本来は、「ふるい」を使って目地詰めをするんでしょうが・・・・・・しません。(私の場合)

てか、もう体力が残ってません。。。 

角スコで目地に向かって、バッサバッサ入れて行きましたよ!!

要するに芝が乾かないようにすれば良いんでしょ?(←もう思考能力ゼロ)



プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。