スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ暗渠(その1)

先日、木杭花壇のDIYをしたついで?に、「プチ暗渠」なるDIYを並行していたのを紹介します。
※塗装が乾くまでの合間に・・・です。




この↑写真の排水桝の辺りに水が溜まりやすく、いつもプール状態になるんです。


P1180550.jpg

こんな感じで、水が引いた後でも土がジュクジュクしてます。

今年の春には、芝生を庭一面に敷き詰めたいので、水はけは重要です。

※庭には暗渠排水を施してるので、随分水はけは良くなっているんですけどね!(・・・一応)


P1180551.jpg

とにかく根切ります。(またかよ)
※はぁ~、以前埋めた砂利が出てきたよ~


P1180552.jpg

この桝、浄化槽から流れた排水の第一溜めますになるので「匂う」・「汚い」・「虫が湧く」のいわゆる3K!なんです。


P1180553.jpg

この桝の側面に直径6ミリの穴を開けちゃいます。 分かります?

あまり多く開けたり、大きく開けたりすると、3Kの脅威が後で恐ろしいことになりそうなので、今回は謙虚に4ヶ所としました。(少ない?)


P1180554.jpg

さて、お次の材料は一体何に使うでしょうーか?

ではまた明日。
スポンサーサイト

プチ暗渠(その2)

昨日の続きです。

この「あぜ波板」の高さを調節するために、約半分に切ります。




園芸用のハサミで以外と簡単に切れますよ~(破片が飛んでくるので、気をつけて!)



P1180563.jpg

こんな感じで、排水桝の廻りを包んでやります。
※泥が流れ込んで、根詰まりしないようにしたかったんです。(ただそれだけ)

んでもって、「あぜ波板」と「排水桝」の間に砂利を詰め込んでやれば、上から振り込んでくる雨や上澄み雨水などはジャンジャン捌けていく事でしょう!

このままでも問題は無いのでしょうけど、やはり例の3Kが気になるので、ちょっとした小細工をしてみます。


P1180556.jpg

これです!

ミカンの詰め込み用ネットです

コレを適当な大きさにチョキチョキと切りまして・・・


P1180561.jpg

エイぃ!

万能接着剤で、排水桝の内側から貼っつけました。


ふふふっ。 これで虫もあがって来れまい・・・。

(・・・それにしても、汚い。)



P1180564.jpg

(しかも・・・・・・・・臭い。)

最後に、砂利の上に化粧砂利(白)を覆い被せることで、ほーーーら、こんなに綺麗に・・・って写真が無い。


そーいえば、最後に完成写真撮るの忘れた。(鐘)

みなさん、想像してみてください。







高圧洗浄機の威力

そろそろ、DIYしなきゃ・・・

そう思えど、未だ時間を作ることが出来ず、モンモンとした日々を送っています。







ある休日(←世間一般では)の夕刻時の事です。

仕事から帰り、今日もコレで終わるのか?   って、ため息混じりで庭に出ていると・・・


見つけましたよ! 短時間で出来る庭仕事が!!!





CIMG7731_20120531120747.jpg

それは、暗渠排水の上に敷き詰めた化粧砂利。

とても白とは思えない砂利に吐きそうになりました(w)





CIMG7732_20120531120746.jpg

ってことで、高圧洗浄機の登場です!

数年前にジャパネットタ○タで購入した『ケルヒャー』です♪

あの有名社長の・・・です。






CIMG7733_20120531120745.jpg

効果は、この通り! 写真右側が作業後です(←見りゃ分かる)

瞬く間に白くなってく




CIMG7735_20120531120744.jpg

どない?

少しは、砂利も・・・気分も・・・  晴れたかな?




にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

↑ランキングに参加しています。応援よろしくお願いしま~す!! 

暗渠排水

最近、ソロキャンのネタばかりで、このBLOGは一体???


的な状態になりつつあるので、この辺で一旦DIYネタでも噛まそうかと思います。







と言っても、最近DIYしてないし・・・







そこで思い出したのが、いつしかの・・・  ある人のコメント!
(スミマセヌ。オソクナリマシタ





『暗渠排水』に関する質問でした。












処理済~an_13

そこで、私が以前した暗渠排水を自作したネタでもUPしようかと思います。
(その時の写真データーが殆ど残っていないので分かり難いかも知れませんが)


↑写真は、暗渠排水を自作した際に流出した土量です。

正直、膨大な量が出ますので覚悟して置いてくださいね!

そして、いつも朝から夕暮れまでの作業となります(爆)













an_5.jpg

掘った深さは、一番深い所で30cmくらい。
(本当ならもっと掘った方がイイかも)

まぁー、スコップでエッちらオッちら一人で掘ってたら丸一日掛かりましたよ(泣)














an_3.jpg

しかもこの時、埋め戻して完成したはずの暗渠排水が、余りにも排水効率が悪かったので、もう一回根切り直すというアクシデント発生!!!





・・・この時から、手直し率の高いDIYをやってたのね。。。












an_6.jpg

掘り起こした配管を切ったっけなー(あー、切り難かった!懐かしーっ)

あっ、配管にドリルで穴あけして雨水を取り入れるようにしてあるの・・・ 分かります?



この時の失敗は主に、、、




①配管上に敷き詰める砂利量が少な過ぎた
 (時間と共に目詰まりした)


②配管に開けたドリル径が小さ過ぎた
 (大雨の場合、排水効率が悪い)



の2点でしょう。(たぶん)














P1160760.jpg

失敗を糧にして、再自作!












処理済~P1160761

余計な配管の曲がりも無くして・・・
















P1160763.jpg

シンプルにため桝に接続!

あっ、ちなみにこの接続したため桝も自作で設置しました(w)














さー、どうなる? 自作暗渠!

また明日ね
 



応援よろしく!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

暗渠排水の完成

続きです。





an_15.jpg

配管を設置した翌日、朝起きてみると・・・














処理済~an_16

雨、降ってました。。。

こんな感じで、なかなか作業が進まなかったのよね。












an_17.jpg

でも、根切り底につけた水勾配がちゃんと出来ているか否かがよく分かったので、OKとするか。













と、ここで砂利を入れる工程を説明したいのですが・・・   写真が無い!













P1170445.jpg

なので、別のDIYでの作業工程で説明します。

↑写真は、床付けね! 土を踏み固めながら水勾配をとります。














P1170447.jpg

配管が設置できれば次は砂利!

砂利は、大粒と小粒の2種類を用意しました。

私の場合、一番したとなる砂利は、排水性のいい大粒を!














P1170450.jpg

その上に小粒の砂利。

この層で、細かな土やゴミをフィルターリングして貰います♪












an_69.jpg

で、芝生を張る部分以外は、地上部まで砂利敷とし、意匠的に化粧砂利(白)としました。














an_76.jpg

で、整地すれば完成!

この暗渠排水を施してからは、我が家に水溜りは出来ていません♪

ていうか、芝生を張っているので、水溜りが確認出来ません(w)




私が暗渠排水を自作する上で、個人的に注意することと言えば・・・


①水勾配をしっかりとる。


②暗渠排水管には、大き目の穴を開ける。


③配管周りは、多くの砂利で囲む。(GLまで砂利敷とした方が、より排水性が高まり、目詰まりも無い)


④放流先のため桝側面にも数箇所穴を開けておく。



です。






皆さんのお宅の水溜りが少しでも無くなります様に・・・



(おしまい)




応援よろしく!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。