スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムラッチハンドルの交換【その1】

カムラッチハンドルの交換のお話。


我が家には、カムラッチハンドルと呼ばれる窓の取っ手が5ヶ所あります。








その取っ手が、、、













折れました!










CIMG1356.jpg

オイオイ!

折れるって、、、    どーゆーこと???










CIMG1357.jpg

良く見るとハンドル内部の鋳物で出来た金具が破損してますやん


梅雨時期なので、正直困ります!


住宅メーカーに電話して、コレコレシカジカと経緯を説明。


すると~~~







住メ) あー、この手のハンドルは耐用年数が5~10年なので、そろそろ壊れる時期かと・・・(汗)







私) なぬ!?










・・・建具のハンドルに耐用年数って    オイッ

じゃー、 クレセントの耐用年数は?  戸車の耐用年数は?








正直、そんな建具って、欠陥商品でしょ!

しかも、このハンドル、住宅メーカーオリジナル商品らしく、ネットでも購入できないらしい。




・・・欠陥商品をオリジナル化すんじゃない

しかも、交換には1個3,000円とのこと。










ちょっと怒りが収まらないので、 優し~~~い言葉で少~~~し、

暴れてみました!(爆)









すると~~~











CIMG1381.jpg

「今回は特別です。」  とのことで、5本のカムラッチハンドルを無償で送って頂きました!



いや。  あれっ?、  そうなの??

そりゃー、予備。。。    必要だもんね❤(いつ折れるか分かんないし)




あざーーーーっす!!




どうやら、他のお宅でも同じようにボロボロ折れまくっているらしく、改良品を製造し直したそうです。

無償で対応して頂いたことには、良心的だと思いますが、本来クレーム処理じゃなくリコール対応して欲しいものですね。




さてと、、、

これもいい機会。

カムラッチハンドルの交換でもしてみますかな!



(つづく)




応援ポチよろしくね!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王

スポンサーサイト

カムラッチハンドルの交換【その2】

続きです。






では、直していきましょう!

折れたハンドル根元の化粧キャップをマイナスドライバを使って外します。










CIMG1384_20150625121428f50.jpg

こんな感じで、ハンドル根元部を固定しているビスが出現!

このビスを外せばハンドルが建具から外れます。









CIMG1386.jpg

画奥が折れたハンドル根元。

画手前が改良品のハンドル&ハンドル根元。



・・・特になんの改良も見られぬが?










CIMG1385.jpg

改良跡は、内部にありました!

なにやらスナップリングぽい金物がついてますな。

これで、耐久性UP!?

実際、壊れたのはハンドル内のハンドル軸を廻す鋳物が金属疲労を起こしたんだけどな(汗)









んーっ。

(ま、今日は交換がメインなんで)









CIMG1387.jpg

このハンドルを交換して、ビス止め&化粧カバーを元に戻せば、交換完了♪

改良ハンドルがどれだけの耐久性があるのかは未知数ですが、これから様子を見て行きたいと思います。




(おしまい)




応援ポチよろしくね!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへブログ王
プロフィール

tomatoship

Author:tomatoship
年齢:仙人級?
性別:♂
性格:熱しやすく冷めやすい
趣味:DIY、釣り、園芸
夢  :自給自足

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
カテゴリ
斧 (1)
車 (12)
◆A8◆
◆LinkShare◆
コメリドットコム

ベルメゾンネット
リンク
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。